ACCESS

アドレス
【店名】
【Club Fiore】クラブ フィオーレ
【住所】
大阪市北区曽根崎新地1-2
【営業時間】
12:00~LAST【日曜日定休】

アクセスマップ
アクセスマップ
※JR東西線北新地駅より徒歩4分
※地下鉄西梅田駅より徒歩6分
※阪神梅田駅より徒歩8分
※地下鉄東梅田駅より徒歩10分
※地下鉄梅田駅より徒歩11分
※JR大阪駅より徒歩12分
※阪急梅田駅より徒歩14分

【コンパニオン募集中】
【Club Fiore】クラブ フィオーレではアルバイトコンパニオンを高待遇で募集しております。未経験者・短時間での出勤も歓迎しておりますので、高収入コンパニオンにご興味のある方はお気軽にお問い合わせ下さい。募集要項は求人ページをご覧下さいませ。

この間新橋の安いキャバクラに行ったら、29歳のキャバクラ嬢と知り合いました。
「キャバクラ嬢の年齢の限界って何歳かな」と僕が意地悪な質問をすると
「うーん、30代でもいける人はいけるよ」と彼女は前向きに答えます。
「30代だと、相当話題豊富で人を飽きさせないとだめだろう」と僕がまた意地悪なことをいうと
「私の知り合いは図書館でいろいろな経済雑誌とか読んで、知識つけているから30代でも生き残っているよ」とのこと
「なんだ、そんな立派な人がいるんだ、ちょっと会いたいなあ」と僕が言うと
「ううん、会えなくもないよ」と彼女は謎めいた笑顔で答えます。
「え、このお店に働いているんだあ」
「うん、まあね。その人ってさあ」
「うん?」
「目の間にいるよ」
「なんだ、あなた30代なの」
「昨日なったばかりっすよ。あはは」と彼女はそういって豪快に笑いました。僕は彼女が図書館で身につけた経済知識を早速試そうと、質問してみました。
「最近経済用語で聞くQEってなに」って僕が聞くと
「EUの弟みたいなものかな」と彼女。
「アベノミクスでなんで景気は良くなったの」と聞くと
「知らない、うちの店全然お客増えないよ」と憮然とした顔で言われました。30代のキャバクラ嬢はなかなかの逸材でした。